HOME > 門司港さんぽ

門司港さんぽ

門司港さんぽとは

 門司港の良さを感じるには、まちを歩くのが最適です。
 観光地として確立したレトロ地区以外にも、小さな路地裏や日本三大貿易港として栄えた港町の建物、街並みや料亭跡など、門司港の隠れた魅力が眠っているのです。
 ここ門司港でもテーマ毎に定期的なガイドツアーを開催していますが、日時、参加人数等制約がある為、いつでも参加できるわけではありません。
 そこでテーマ毎に誰でも気軽に利用できる散策マップ「門司港さんぽ」を制作いたしました。
 「門司港さんぽ」はテーマ別にコースを設定し、学びや新たな発見が体験できる「まち歩き」ガイドマップです。今後新たなコースを作成していきますので、ご期待ください。

門司港さんぽ・バックナンバー

印刷してご利用の際は、PDFファイルをダウンロードし、両面印刷でご利用いただけます。

門司港さんぽ

門司港さんぽ

門司港さんぽ No.1 門司港ロケ地巡り
門司港の大正ロマン漂う建物や景色は、映画やドラマのロケ地として、古くから取り上げられてきました。このまちあるきでは『ロケ地』にスポットを当て、その映画の世界で重要な役割を果たしている建物や景色に、想い巡らすコースとなっています。
【PDF形式でダウンロード】

門司港さんぽ

門司港さんぽ

門司港さんぽ No.2 旧鈴木商店をめぐる
神戸の洋糖商人からはじまり、日本一の総合商社へ上り詰めた鈴木商店は、この門司を拠点に昭和恐慌で破たんするまでの約130年にわたり、日本の産業革命をけん引しました。このまちあるきでは『旧鈴木商店』にスポットを当て、その足跡をたどります。
【PDF形式でダウンロード】

※今後テーマ別にまちあるきコースを増やして参りますので、ご期待ください。



↑ページトップ